中田英寿の実家はどこ?家族構成や結婚しない理由を調査

元サッカー日本代表で司令塔となって活躍した中田英寿のプライベートを調査していきます。

中田英寿の家族構成

山梨県の県庁所在地・甲府市に実家のある中田英寿は、父親・母親・2歳年上の兄、中田英寿の4人家族で構成されています。

中田英寿本人はサッカー界での絶対的司令塔でしたが、家族の中では末っ子だったのは以外な気がします。

現在でも家族仲は良いようです、よく家族でいるところを目撃されるようです。

家族家族情報
父親中田邦彦(なかたくにひこ)
母親中田節子(なかたせつこ)
長男中田尚孝
次男中田英寿

中田英寿の生い立ち

小学校から中学校


中田英寿は小学校3年生にサッカーを開始、類まれな集中力で他の小学生とは異なる異彩を放っており入団した強豪クラブ内でも群を抜いたレベルをもった選手となりました。

毎日の練習を欠かすことなく熱心に取り組み、中学生になる頃には地元山梨県選抜・関東選抜のメンバーにも選出され、中学3年生でU-15日本代表にもなりました。

高校生からプロ入団

サッカーだけではなく学力の面では高校入試時に推薦枠で入学できるところをわざわざ一般枠での入試を自ら希望し山梨県立韮崎高等学校へ進学を果たしています。

たくさんの強豪校から申し入れがあったそうですが、自身の才能に奢ることなく実力で勝負する姿はこの頃からあったわけです。

高校に進学すると1年生ですでにレギュラー選手となって活躍、アジア選手権U-17の日本代表、U-18の日本代表に選出されるとチームを準優勝へ導く存在になりました。

高校卒業後には当時のJリーグチーム12チームの内、11チームから入団のオファーを受けそのそれぞれのチームの練習に参加、最終的にベルマーレ平塚への入団を決めました。

それぞれのチームの練習に3日間自ら参加して、入団先を決めるというやり方だったのですが高校生からの入団者ではまれな決め方だったそうです。

プロでの活躍から引退後

入団後すぐにJリーグデビュー、ワールドユースのも出場しいきなり2得点を挙げグループリーグ突破に大きく貢献しました。

1998年にはセリエAに挑戦し、ペルージャをはじめ、ローマやパルマなど世界で活躍、ワールド・カップで司令塔を務めるなど2006年の引退までその人気を不動のものにしました。

引退後はFIFA親善大使、観光庁のアドバイザリーボードメンバーなどサッカーの内外問わずさまざまな分野でいろんな貢献をしてこられました。

中田英寿の実家はどこ?

サッカー界での絶対的エースになった中田英寿の実家を調べます。

中田英寿の地元は山梨県甲府市、詳しい住所こそわかりませんが出身中学校が甲府市大和町にある甲府市立北中学校なので、その校区内ということになります。

中田英寿の父親の職業は自営業?

中田英寿は4人家族で育ってきたわけですが、父親についての噂を調査してみます。

中田英寿の父親の名前は、中田邦彦といいます。

スポーツ選手

中田英寿の父親・中田邦彦について調べていくとまず出てくるのはスポーツ選手だったということ。

しかし残念ながらサッカー選手ということではなく、ゴルフのティーチングプロをされていたそうです。

ちなみにティーチングプロとは、ゴルフ技能に優れゴルフの知識・指導要領を取得したものに付与され、この資格認定がされるとプロとして認められるものです。

自営業

中田邦彦の職業は自営業をされており詳しい内容は明かされていませんが自営でお仕事をするかたわら、ティーチングプロもされていたようです。

中田英寿の運動神経の良さは父親から受け継がれているのかもしれません。

中田英寿の母親


中田英寿の父親に続いて母親・中田節子についても調査していきます。

母親は専業主婦で、子供の頃からサッカーをする中田英寿を支えてこられました、親子仲は大人になった現在でも良好。

中田英寿は子供の頃から自立心の強い子供だったと母親は言い、引退時には「本当にお疲れさまでしたと言いたい」と労う言葉をかけていました。

中田英寿と兄

最後に、中田英寿の兄についても調査していきます。

中田英寿の兄の名前は、中田尚孝といい、中田英寿よりも2歳年上で中田英寿がサッカーを始めるきっかけの1つには先にサッカーを始めていた兄の影響があったといいます。

一般人なのでお兄さんのお仕事など詳細は不明ですが、これらのご家族のもと、あの日本の司令塔・中田英寿は育ったのですね。

中田英寿が結婚しない理由は?

ごく普通の家庭で育ってきたことが家族構成から見て取れた中田英寿ですが、自身は結婚せず独身を貫いています。

中田英寿が結婚しない理由を過去に語った結婚観から調べてみます。

2008年の結婚観

中田英寿は2008年に「愛する人がいればするし、いなければしない人生でいい」「なぜ1人の人しか愛してはいけないの?2人でも良いでしょ?」など独特な結婚観を語っていました。

それから10年後の結婚観

型にはまらない結婚観を持った中田英寿はその後10年経ってもその考えはあまり変わっていないどころか、さらに独特な考えになっています。

「結婚はしたいしたくないではなく、一緒にいた結果であって、結果を求めてスポーツしていない自分は内容が大事で結果は興味がない」と語っていました。

結婚は一緒にいた結果、中田英寿は結果に興味がない、イコール結婚に興味がないということですね。

ちなみに結婚も特別したいわけでもなく、子供もほしいというわけでもないという考えなので今後も変わることはないでしょうね。

それよりも今手掛けている様々なビジネスで成長し続けるほうが中田英寿らしい生き方なのかもしれません。

中田英寿 プロフィール


生年月日:1977年1月22日(47歳)
出身地:山梨県
最終学歴:山梨県立韮崎高等学校
身長:175cm
体重:72kg
血液型:O型
YouTubeチャンネル:Hidetoshi Nakata Official

コメント